ホーム

ごあいさつ
法人情報
施設のご紹介
個人情報保護方針
情報公開資料

ボランティアのご紹介
実習生の皆さんへ
職員の募集について

写真館
秋季祭
研究発表
苑内研修・委員会活動
イメージフレーズ
広報誌「つれづれ」




  大山地域包括支援センター                                        
  事業内容


大山地域包括支援センターでは,以下のような業務を行なっています。


介護予防支援 介護認定において「要支援1・2」と認定された方を対象に,本人ができることはできる限り本人が行ない,要支援状態の悪化を防ぐことを目的として,必要な介護サービスについて利用計画(ケアプラン)を作成し,その利用を支援します。
介護予防
ケアマネジメント
生活機能低下のある高齢者(特定高齢者等)が要介護状態になることを予防するため,心身の状況に応じて,介護予防プランを作成し,必要な援助を行うものです。


介護予防のための説明会や教室を開催しています。
総合相談・支援
地域の高齢者の総合相談窓口として,住み慣れた地域で安心してその人らしい生活を継続していくことができるようにするため,どのような支援が必要かを把握し,地域における適切なサービス,関係機関または,制度の利用につなげる等の支援を行います。
 また,地域におけるネットワークを構築します。
権利擁護
●成年後見制度の活用支援
認知症などが進行し,さまざまな契約行為や金銭管理,財産管理が出来なくなった高齢者の方に対する成年後見制度の活用を支援していきます。
  
●高齢者虐待への対応
高齢者虐待の通報・相談を受け,解決に向けた対応をはかると共に,予防のための取り組みを行います。

●困難事例への対応

包括的・継続的
ケアマネジメント
●医療機関等と連携し、在宅復帰支援を行います。

●包括的・継続的なケア体制の構築,また,地域における介護支援専門員のネットワークの構築及び活用をはかります。
 
●介護支援専門員に対する日常的個別指導・相談及び支援困難ケース等への指導・助言を行います。

●困難事例への対応
認知症高齢者への支援 ●認知症の方などに対するネットワークを活用した見守り支援を行います。

●認知症サポーター養成講座や説明会を開催し、認知症の啓発活動を行います。

  
   また、管理栄養士を中心に特定保健指導も行っております。
 


  介護予防支援事業の概要 (要支援1・2の方へのケアマネジメント)



詳しくは、こちら をご覧ください。
   


  上に戻る